毎日のご飯は基本的に市販のドックフードで十分です。
しかし、添加物を使用したドッグフードを与えることに抵抗がある飼い主さんも多いようで、
最近では、無添加をうたったドッグフードの需要が増えつつあります。
一方で、愛犬に「手作りフード」を与えている飼い主さんも多くいらっしゃいます。
実は、この「手作りフード」 、食材選びが実に難しい。
犬たちの体に良いと思って作った手作り食が、実は危険なものだったなんてことがあります。
今回は、犬が食べてはいけないモノと食べても大丈夫なモノをご紹介します。

犬が食べてはいけないモノ

タマネギ(ネギ)・にんにく

アリルプロピルジスルファイドという成分が原因で、血液中の赤血球が破壊されて、急性の貧血血尿などをもたらす可能性があります。
加熱をしても成分は分解されないので、ハンバーグコロッケ肉じゃがなどの調理品・加工品に注意しましょう。

症状:貧血・血尿・下痢・嘔吐・食欲不振

 

チョコレート

カカオに含まれるテオブロミンという成分の中毒症状がでます。
テオブロミンは興奮させる作用があり、犬の代謝に影響が及びます。
摂取量によっては、死に至ることもありますのでヒトの食べ残しに要注意です。

症状:下痢・嘔吐・不整脈・心疾患・内出血

 

ナッツ類

ナッツ類は高カロリーゆえ肥満のもとになるだけでなく、消化不良をもたらす危険性があります。
特に、マカダミアナッツは中毒症状を引き起こすチョコレートととの混合品ですので、絶対に食べさせてはいけません。

症状:消化不良・下痢・嘔吐・発熱・歩行困難・嗜眠・痙攣

 

ぶどう・レーズン

腎臓に悪影響を及ぼします。
実際に、急性腎不全で3~4日で亡くなってしまった症例もあります。

症状:慢性腎不全・急性腎不全・嘔吐・下痢・脱水・食欲不振

 

アボカド


ペルシンという成分が中毒症状を起こします。

症状:嘔吐・下痢・呼吸困難

 

キシリトール

ガムに等の食品に使われる人工甘味料です。犬が食べると中毒を起こします。
その他、歯磨剤マウスウォッシュビタミン剤などに意外なモノの中に含まれている場合もあり、注意が必要です。
食べて30分以内に、中毒症状がでた事例もあり、最悪、死に至るケースもあります。

症状:低血糖・嘔吐・痙攣発作・肝機能障害

 

アルコール

飲料に含まれているアルコール、シロップ、など、犬に有毒な場合があります。
犬の腎臓はアルコールを効果的に処理することができないため、体内に入ることで中毒症状があらわれます。

症状:発熱・嘔吐・痙攣発作・呼吸困難

 

カフェイン

コーヒー紅茶緑茶など、カフェイン配合の飲料は、中毒症状の原因となります。
人間と同様に覚醒作用が働きます。異常に活動的にになり、興奮状態になることもあります。
コーヒーなど飲みかけの放置に気をつけましょう。

症状:興奮・嘔吐・下痢・痙攣

骨付き鶏肉・魚


鶏の骨は縦に裂けやすく、先が尖るので危険です。
魚の大きな骨なども、のどに刺さったり、消化管を傷つけてしまう恐れがあるので与えてはいけません。

症状:消化管損傷、炎症・穿孔・腹膜炎

 

唐辛子など香辛料

犬は辛味・苦味に対する味覚が敏感です。
刺激物に対する耐性が低いので与えないようにしましょう。

嘔吐・肝臓障害・胃炎

 

牛乳、クリーム、チーズ

犬は乳製品を消化する働きをするラクターゼという酵素を十分に持っていないため、消化不良を起こします。
与える場合は、犬専用のミルクを与えてください。

症状:下痢・嘔吐

 

食べてはいけないモノを食べてしまった場合

犬が食べてはいけないモノを食べてしまった場合は、食べた時間愛犬の状態加工方法など細かく獣医師に伝えなければいけません。
また、下痢や嘔吐の症状がある場合は、詳細を伝えるため記録しておきましょう。
すぐに動物病院へ連絡し、獣医師指示のもと応急処置を行いましょう。
食べた後、元気な状態でも、必ず動物病院を受診してください。
後で症状があらわれる場合があります。

おすすめの記事