室内で犬を飼う上で欠かせないアイテムとしてペットシーツがあります。
トイレトレーにペットシーツをセットし、愛犬のトイレが完成です。
見た目はどれも同じに見えますが、各メーカーから様々な種類の商品が販売されています。
ペットシーツ選びのポイントをまとめてみました。

サイズ

ペットシーツのサイズにはレギュラー、セミワイド、ワイド、ワイドプラス、スーパーワイドがあり、小型犬・中型犬・大型犬など犬の大きさで選ぶのが一般的です。
レギュラー約35×45cmとワイド約45×60cmになります。
犬は用を足す時に匂いを嗅ぎながらクルクルと回る習性があるので、犬が回れる大きさのペットシーツを選びましょう。

薄型・厚型

ペットシーツには厚さを表す表示があります。パッケージをよく見ると薄型・超薄型・厚型・超厚型など、バリエーションも豊富です。
薄型は、1枚当たりの値段が安いのが特徴です。特に多頭飼いの場合、他の犬がおしっこをしたトイレでしたがらないため、常に清潔な状態を保つ必要があります。
頻繁に取り換えるため、安価な薄型がおすすめです。
また、薄型ペットシーツは下地が白色のものがほとんどなので、おしっこの色で健康チェックがしやすいのも利点です。
デメリットは、薄いのでおしっこの量が多いと吸い取りきれず、シートに広がりペットの足につくことがあります。
それゆえに薄型は一回のオシッコの量が少ない犬や頻繁にペットシーツを交換できるご家庭向きです。

厚型は、吸水力があるので一回のオシッコの量が多い犬でも足を汚すことがありません。
また、オシッコの量が少ない犬でしたら2.3回分のオシッコを吸水できるので長時間交換しなくても大丈夫です。
お留守番には最適です。薄型・厚型を状況に応じて使い分けるのもいいでしょう。

消臭力

最近では、抗菌剤・イオン・活性炭・アロマなどが配合されている消臭機能つきペットシーツがあります。
部屋がせまく臭いがこもりがちな場合、また、長時間留守にすることが多く、犬がオシッコをしてすぐにペットシーツを交換できない場合などは消臭力機能つきの商品がおすすめです。

犬用ペットシーツおすすめ

最近ではペットシーツの種類も多種多様です。
個々の商品に特徴があり、ユーザーの様々なニーズにあわせた商品選びができるようにメーカー側の開発も進んでいます。
ここでは、おすすめのペットシーツをご紹介します。

山善 お徳用使い捨てペットシーツ 超薄型 レギュラー 200枚入

 山善
 レギュラー 薄型・サイズ33cm×45cm・入り数200枚入り×1パック
超薄型なのでストックしてもかさばりません。吸収力は超薄型の割にはよく吸い取ってくれます。一回使い捨てタイプなので環境にもいい。満遍なく塗布された高分子ポリマーでおしっこを効率よく吸収します。

ペットスタジオ ペットシーツトイレシート〔レギュラー〕800枚(200枚×4個)【業務用】

 ペットスタジオ 
 レギュラー 薄型・サイズ33cm×45cm ・入り数200枚入り×4パック=800枚 
小型犬用におすすめです。なんといってもコスパがいい。1枚あたり4.9円。
超薄型なので吸収力に若干難がありますが、頻繁に交換ができるご家庭ですと問題はないかと。
正直、中型犬以上にはおすすめしません。また、長時間留守にしがちなユーザーさんですと満足していただけないかもしれません。とにかく安いモノをお求めならコレ。
ネオ・ルーライフ ネオシーツ カーボン DX レギュラー 88枚入

 ネオ・ルーライフ
 レギュラー 厚型・サイズ34㎝×45cm・入り数88枚入り×1パック
用を足した直後は表面は湿っているものの、吸収される様子が見て分かるほど吸収速度が速いです。多頭飼いのご家庭におすすめです。また、活性炭入りで、消臭効果があるので長時間留守にする場合に部屋を快適に保ってくれます。
デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚入

ユニ・チャーム
レギュラー 厚型・サイズ43.5㎝×43cm・入り数112枚入り×1パック
無香消臭タイプで臭いも残らず、吸収力も申し分ありません。中央をはずしてもしっかり吸収してくれるので、ありがたい。
厚型なので、小型犬なら3回分は大丈夫。お留守番に最適です。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル


レティシアン
 レギュラー 厚型・サイズ33cm×45cm ・入り数100枚入り
吸収力で選ぶならこちらをおすすめします。レギュラーサイズで約900mℓ吸収、小型犬なら5~6回分。
その秘密は、両面吸収にあります。万が一、裏返ってしまっても大丈夫。しっかり裏面も吸収してくれます。
速乾性にも優れ、足裏を汚すことはありません。長時間の留守にする場合、多頭飼いのご家庭には最適です。

 

おすすめの記事