ふとした時に気になる目やに、取っても取っても付いているなんて事ありませんか。
シーズーやチワワ、パグなど目が大きな犬種は目が潤っている感じがとてもかわいいですよね。
しかし、この涙や目やに、少量なら特に支障はありませんが、常に涙目であるとか、目やにの量が多いといった状態は好ましくありません。
目やにや涙の原因についてお話します。

犬の目やにとは?その正体は

結論から言いますと、目やにの正体は老廃物や目の表面についたゴミの塊です。
これは人間も一緒。涙と一緒に老廃物やゴミが流れ出て、目の周りで固まったもののことを「目やに」と呼んでいます。
ただし、目やににもいろんな種類があります。

朝起きた時の目やに

私たち人間も朝起きると目やにがついていたりしますね。
犬も同様に、朝起きた時に目やにが付く事がありますが、この場合、生理現象のためほとんどが問題ありません。

シニア犬の目やに

年齢を重ねるにつれ涙の量が減るため、目の老廃物を流し出すことができずに目やにが増えます。
この場合も、年齢による老化現象のひとつ。その都度、お手入れしてあげましょう。

炎症が原因で出る目やに

炎症や刺激でも目やにが発生します。
ぶつけたり、爪で引っ掻いたりといった外傷が主な原因で、角膜に傷ができると過度に目やにや涙が出ます。
目やにだけではなく、いつも以上にまばたきが多かったり、前足で目を擦る仕草を頻繁にするようであれば、病院へ行って見てもらいましょう。

こんな目やには危険

一般的な目やにの色は 茶色・黒色・グレー・白色などですが、黄色緑色などの目やにが出ている場合は危険です。
犬ジステンバーなど感染症を引き起こしている可能性が高いので要注意です。

犬の目やにが急に増えたり、取っても、取っても出る場合など、いつもより量が多いなと思ったらができていたり、炎症が起こっていることが考えられます。
すぐに病院を受診しましょう。

犬の目のトラブル・病状

アレルギー性炎症

アレルギーによって、涙が多く出て、かゆみを伴います。
季節によっては人間と同じ様に花粉症の場合もありますが、食事ノミ・ダニハウスダストなどが原因の場合が多いと思われます。かゆみや目の充血を伴い、ひどくなると結膜炎などの炎症を引き起こす事もあります。

流涙症(涙やけ)

涙が通常よりも多く分泌され、目の下が涙で濡れた状態が続くと被毛や皮膚が変色します。
患部に細菌が繁殖し炎症をおこします。
涙の原因として、花粉症や食物アレルギーによる鼻涙管の詰まり、体内の水分不足などが考えられます。

角膜炎

目の表面の角膜が炎症を起こしている状態です。
目に痛みを感じるため、涙の量が増え、目やにが多くなります。
進行すると角膜の一部が無くなって角膜潰瘍に進行してしまいます。
主な原因として細菌やウィルス感染、またシャンプーが目に入ったり、目をこすったりなどの外傷などが考えられます。

結膜炎

犬の眼球の白目の部分に炎症を起こす病気です。
白目が赤く充血し、涙やまばたきが増え、床や壁に目をこすりつけるしぐさを見せることもあります。
主な原因として、ドライアイがあげられます。
進行すると、目が充血し、黄色いねっとりした目やにがでるのが特徴です。

緑内障

目が充血し、涙が多くなります。眼球が飛び出たように肥大するのが特徴です。
眼球の内部の圧力が高くなり、視神経が圧迫されることで、視力に障害が起こる病気です。
発症してから、そのままにしておくと失明の恐れがあります。

白内障

レンズに相当する水晶体が、タンパク質分子の異常により白く濁る病気です。
進行すると目が見えにくくなり、物にぶつかったりします。
症状が見受けられれば、すぐに病院で診てもらいましょう。

犬の目の病 早めの対応を

犬の目の病気は、予防が難しいという点があげられます。
事前に病気を察知するには、日頃のお手入れ時に、普段の目の状態を把握しておくことが大切です。
気がかりな点がある場合には、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。
進行状況によっては失明の可能性もあるため、対応は早いほうがいいでしょう。
また、病院へ行く時にはなるべく目やに・涙は拭き取らずに目の状態がわかるようにしておくと良いでしょう。

おすすめの記事