犬や猫へのマイクロチップ装着を義務づける改正動物愛護法が2019年6月12日、参院本会議で全会一致で可決、成立しました。
ブリーダーなど繁殖業者に装着を義務付ける一方で、ペット店を経ずに取得した場合や、すでに飼っている人については装着の努力義務を課すまでにとどまりました。
マイクロチップ装着の義務化には、飼い主に捨てられたり、行方が分からなくなったりした犬や猫の殺処分を減らす狙いがあります。また、災害時などに飼い主を特定しやすいといった効果が認められます。公布から3年以内に施行される見込みです。
昨今、インターネットに犬や猫の虐待動画を投稿するなど、悪質なケースが続発するため、改正法は動物虐待罪を厳罰化したかたちになりました。ペットの殺傷に対する罰則を現行の"2年以下の懲役または200万円以下の罰金"から"5年以下の懲役または500万円以下の罰金"に引き上げました。
犬や猫を親から早く引き離すと、かみ癖など問題行動が出る可能性があると指摘されたことを受け、販売を始められる時期を現状の生後49日(7週)超から同56日(8週)超に改めました。ただし、特定の条件で繁殖か譲渡される日本犬など天然記念物として指定された犬は例外として生後7週超となります。
環境省によると、平成29年度で約4万3千匹の犬や猫が殺処分されています。そうした現実のもとで、今回の動物愛護法の法改正の目玉であるマイクロチップの義務化ですが、具体的にどのような機能があり、どこで購入・装着することができるのか。またマイクロチップを装着することの、メリット・デメリットについて考察していきます。

マイクロチップとは?

動物に埋め込むマイクロチップは、長さ8mm~12mm、直径2mm程度の円筒形で、アンテナとICを内蔵している電子タグです。15桁の固有の数字が割り当てられていて、専用のリーダーと呼ばれる機器で読み取ることができます。
ペットにマイクロチップを装着していれば、迷子や災害などで飼い主さんと離れてしまったとしても保護された際に、自治体や動物病院がリーダーでマイクロチップの情報を読み取り、すぐに飼い主さんのもとに戻すことができます。マイクロチップの耐久年数は30年程度で、電池は必要ありません途中で交換する必要もなく、一度埋め込むと半永久的に使用できます。

マイクロチップ普及率は年々増加

マイクロチップは、犬や猫、ハムスターなどの小動物に埋め込んで装着することができます。
動物園や水族館では哺乳類に限らず、爬虫類や魚類などほとんどの動物にマイクロチップが装着されていますが、一般の家庭で飼育されているペットには、まだまだ普及していません。
しかし、マイクロチップ装着を推進する自治体も多く、補助金なども交付されているため、装着率は年々増加しています。
マイクロチップの情報を登録する「動物IDデータベースシステム」には、2010年度末時点で45万件であった登録が、2019年ではその約3.5倍となる155万件が登録されています。
しかしながら、犬の飼育頭数890万頭からすると、普及率は全体の約17%にとどまっています。

一方、外国ではペットへのマイクロチップ装着が進んでいる国が多くあります。
スイスやフランス、ベルギー、オーストラリアなどでは、犬へのマイクロチップ装着は飼い主の義務になっています。
また、犬を海外から持ち込む場合には、マイクロチップ装着証明書などによる確実な個体識別が必要であるほか、日本から海外へペットを連れて行く場合に、マイクロチップが装着されていないと入国できない国もあります。
このように日本とヨーロッパを中心とした諸外国とでは、マイクロチップに対する考え方に大きな差があるのが現状です。
近年、日本でもマイクロチップの装着義務化への動きがありますが、どこまで浸透するのか不透明な点が多い状況です。

マイクロチップのメリット

マイクロチップを装着する最大のメリットは、迷子や地震、事故など災害で飼い主さんとはぐれてしまったペットが保護された場合、すぐに身元確認ができることです。
環境省の調査によると、平成26年度に負傷動物として保護された犬・猫のうち、飼い主さんが引き取ることができたのは、犬が約28%、猫はわずか約0.3%でした。
迷子札や狂犬病の注射済票を身に着けていた場合は100%飼い主が判明しましたが、迷子札のついていない首輪のみの場合、飼い主が判明したのは犬は0.5%、猫の場合はゼロでした。
マイクロチップを装着していれば、保護された時点で身元が分かることから、その重要性が浮き彫りとなる結果が出たかたちになります。
また、迷子札は、長年装着しているとはずれたり、破損したり、劣化で文字が読めなくなっていたりすることがあります。
マイクロチップは一度体内に埋め込めば、そういった心配は無用です。

マイクロチップのデメリット

マイクロチップ装着による健康被害が実際にあるのかどうか。飼い主にとって一番気になる点ですよね。
日本獣医師会によると体内における影響は認められないとの事。
マイクロチップは、安全性の高い生体適合ガラスやポリマーで覆われているので、副作用やショック症状等の報告はありません。
少なくとも、日本においてはマイクロチップ装着によるショックなどの報告は今のところゼロです。
海外では2件ほど副作用の報告があるようですが、これまでに装着されてきた件数から考えると副作用が起こる可能性は限りなく小さいといってもいいでしょう。
病院での検査機器では一部のMRI機器で画像に乱れが生じるという報告があります。
レントゲンやCTスキャンでは特に影響はなく、ほぼ問題ないと報告されています。

マイクロチップを埋め込む際の痛みが心配という方もいらっしゃることでしょう。
部分麻酔などマイクロチップを埋め込む際になるべく犬に負担にならない方策をとってもらえるように獣医さんに相談してみましょう。
稀にマイクロチップを埋め込んだ場所によっては情報が上手く読み取れないことがあります。
皮膚の奥に埋め込むと電波をキャッチできないことがあります。そういったことのないように、埋め込むときには十分に注意を払ってもらいましょう。

マイクロチップには飼い主の住所が登録されているため、引っ越しをした時に日本獣医師会に新しい住所を伝える必要があります。
この手続きを怠ると、マイクロチップを装着していても飼い主の住所が分からないということになります。
引っ越しの際や何らかの原因でペットをだれかに譲り渡す際には、住所変更による再登録を必ず行ってください。

マイクロチップの装着方法と費用

マイクロチップの装着は医療行為となるので、動物病院で獣医さんが行います。
専用の注入器で体内に埋め込みますが、短時間で埋め込むことができ、体への負担はほとんどありません。
犬は生後2週、猫は生後4週頃から埋め込みができると言われていますが、個体差があるので獣医さんに相談してください。
費用は、一般的には数千円~1万円程度です。また、情報の登録に別途1,000円の費用がかかります。
自治体によってはマイクロチップ推進事業として費用の一部助成を行っている場合があります。お住まいの自治体に問い合わせをしてみましょう。

マイクロチップ 情報の登録

マイクロチップを埋め込んだ後、日本獣医師会に氏名や住所、電話番号などの情報を記載した申込書を送付します。
その情報は、日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、日本獣医師会によって構成される「AIPO(動物ID普及推進会議)」のデータベースに登録され、動物病院や動物愛護センターから照会することができます。
もし、マイクロチップを装着したペットが警察署や動物愛護センターなどで保護された場合、マイクロチップに記録された数字を読み取ってデータを照会することで、飼い主さんに連絡することができます。
うっかり外に出て迷子になってしまったり、自然災害でペットと離れてしまったり、万が一の事態にさきがけてマイクロチップの装着を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事