はじめて犬をお家に迎えるにあたって、ケージって必要なんでしょうか?
室内で自由にさせる分には、必要ないのでは・・・?と感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
犬にとってケージは「自分の家」です。実は愛犬にとって居心地のいい場所であり、とても大事な個人(個犬?)スペースなんです。
犬を飼うと決まったら、ケージを必ず用意してあげましょう。
室内で犬を飼う家庭が増えた昨今、デザイン重視のケージや、様々な機能を備えたケージなど、多種多様ですが、一番のポイントは犬と飼い主がともに過ごしやすい環境をつくることです。
ここではケージの必要性とともに、その選び方についてお話します。

犬のケージって必要なの?

生まれて間もない子犬の場合、トイレトレーニングを行ううえで必要です。
子犬の時期からケージとトイレをきちんと決まった場所に設置することでトイレを覚えてくれます。
夜間や留守中など、人の見る目がないときに、イタズラをします。
子犬の時期は、周りのあらゆるモノに興味があります。電気機器のコード、リモコン、携帯電話などすぐに齧られてしまします。無害なものですとまだいいのですが、薬品などの体に影響のあるものを誤食すると危険です。
もともと、犬は狭い場所が嫌いではありません。
犬の祖先であるオオカミは外敵から身を守るために四方が囲まれた小さな穴ぐらを寝床としていました。
そうしたオオカミの血をひく犬も、狭い環境を好む習性があります。
人間の意識から、狭いケージに入れるのはかわいそうだと感じるかもしれませんが、それは誤解です。
ケージは犬にとって居心地のいい場所、落ち着く場所です。むしろ、ケージ内に気を配って、充実した空間にしてあげましょう。

「しつけ」の観点からも、ケージの役割は大きいと言えます。
犬に決まった場所を与えることで、飼い主がリーダーであることを理解させることにつながります。
このように、ケージを設置する効用は意外と大きなものがあります。

ケージの種類

ケージ

四方の囲いに加え、飛び出し防止の為に屋根がついています。頑丈なつくりで安定感があります。
ものの出し入れがしにくく、掃除がしにくいといったデメリットがありますが、屋根を取り外すことができるタイプもあります。

 

サークル

側面の囲いのみ、もしくは側面の囲いに床付きの2タイプあります。
側面のみの場合、何枚かの柵を組み合わせたつくりで、床に固定されていないので、ある程度自由に広さを調整できます。
ただし、柵が動きやすく安定感に欠けます。
床付きの場合、床にしっかり固定されますので安定感があります。しかし、広さの調整はできません。
いずれも、天井部分があいているのが大きな特徴です。
ものの出し入れがしやすく、掃除も簡単にできます。解放感がありますが、飛び出しの可能性があります。
留守番中には十分に気をつけてください。
素材は布製・木製・プラスチック製・ステンレス製と様々ですが、子犬の場合、柵を噛んでしまうこともあり、壊れることのないステンレス製がおすすめです。

おすすめの記事