梅雨から夏にかけては、犬にとってとてもつらい時期です。特に長毛種や寒冷地が原産国の犬たちにとっては最も過ごしづらい日々が続きます。
全身を毛でおおわれているため、熱がこもりやすいので暑さ対策は必要になります。
室内と屋外でも対処方法は異なりますので、それぞれの環境に応じて対応しましょう。

屋外飼育 犬小屋の設置場所に注意

犬を屋外で飼っている場合、要注意なのが直射日光です。全方向から日が射してしまうと、つながれて飼われている犬には逃げ場がありません。犬小屋周辺にはヨシズなどを立て掛けて、日陰を作ってあげましょう。犬小屋を日が当たりにくい建物の北側へ移動するといった工夫も効果があります。
また、犬小屋の設置場所を確認してみてください。コンクリート敷きの上に設置していたりしませんか? コンクリートに日が当たると熱を溜めこむため、地表は想像以上の温度になってしまいます。土もしくは芝生の地面の上に設置しましょう。
意外と重宝するのがスノコ。犬小屋のそばに、できれば日陰にスノコを1枚置いておくことをおすすめします。 からだを地面から浮かせることで、接地面の暑さをやわらげる効果があります。これは屋外飼いに限らず、室内飼いにも有効です。室内の涼しい場所にスノコを置いてやると、好んで寝転んでくれます。

サマーカットは危険度UP

暑さ対策として、愛犬をサマーカットにする飼い主も少なからずいらしゃることでしょう。いつもより少し短くするぐらいなら問題ないのですが、飼い主によっては、トリマーに地肌が見えるほど短くカットするように頼んでしまう方がいらしゃいます。
実はこの行為、犬とってとても危険なのです。犬の被毛は、熱を体につたわりにくくする役割があります。いわば、断熱材のようなものです。
地熱や日光の照り返しから身を守っているのです。また、強い紫外線から皮膚を守っています。屋内では冷房を使う機会が多いので冷房の冷え過ぎからも身を守っています。あまりにも毛を短くカットしてしまうと、暑さによる熱中症や冷え過ぎによる体調不良につながる可能性があります。被毛はとても大切なものなので、見た目が暑そうだからという理由で極端に短く刈り込むことはやめましょう。

犬に扇風機は役に立たない?

夏の冷やしアイテム、エアコンに次いで定番の扇風機ですが、扇風機の風ではイヌは涼しさを感じるとることはできません。なぜならば犬には汗腺はほとんどなく、全身から汗をかくことはありません。そのため扇風機の風を人間のように気化熱で涼しく感じることはないのです。気温そのものが下がらないと涼しさを感じ取ることができません。外気の方が涼しいときは、外の風を中に取り込むために扇風機を回すことは意味がありますが、それ以外の用途ではあまり犬の役には立たないでしょう。扇風機を使う場合はペットボトルに水を凍らせたものを、タオルなどでくるんで扇風機の前においてあげると、涼しい風がとどくので快適です。
となるとエアコンに頼らざるを得なくなるわけですが、一日中点けっぱなしというのも電気代などを考えると避けたいもの。エアコンの冷風は温かい空気より重いことから、床へ下りて溜まります。人が感じる温度よりも、床近くにいるイヌのほうが寒く感じるわけです。そこで、人が少し暑いと感じる程度の温度設定にしておけば、イヌは快適に過ごせます。

最新のエアコンには要注意

最近のエアコンは進化がめざましく、いろいろな機能が搭載されています。中でも"人感センサー"というものがありますが、実はそれが犬にとって厄介な機能なのです。
留守番中にエアコンをかけたまま出かけたら、犬の大きさに人感センサーが反応せず、熱中症で犬がなくなったという事故がありました。夏場の留守番にはエアコンは欠かせません。なので、人感センサー付きのハイテクマシンのお宅では必ずセンサーの解除の仕方をおさえておいてください。留守にする際には必ずセンサーを解除して出かけましょう。

留守番させる時の冷房温度

エアコンの温度設定に気をつけてください。夏場の電車の中や飲食店でもの凄く寒いことってよくありますよね。極力涼しくしてあげないと、と考えてしまいがちですが あまり外気との温度差があるのも禁物です。エアコンをかけていると、湿度が下がり、空気が乾燥します。単に湿度が低い状況であるだけでも犬には快適なのです。
エアコンの冷風は温かい空気より重いことから、床へ下りてたまります。人が感じる温度よりも、床近くにいるイヌのほうが寒く感じるわけです。そこで、人が少し暑いと感じる程度の温度設定にしておけば、イヌは快適に過ごせます。逆に寒くなりすぎないように扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させることでバランスをとるのもいいでしょう。寒すぎず、暑すぎずちょうどいい状態に保つのは難しいですが、万が一のために留守番時は寒さから身を守れるような毛布やベッドをおいてあげるのもいいでしょう。

冷却グッズを併用

エアコンを点けるのは、よほど暑いときだけにしたいと思うなら、冷却グッズがあるといいでしょう。冷却マットやタイル、石板など触れてひんやりするものを1点用意しましょう。ただし、冷却マットなどは噛みちぎられる可能性があるので、害のないものを選びましょう。手軽な方法としてオススメなのは、水を八分目まで入れて凍らせた2Lサイズのペットボトルをバスタオルでくるんだものを置いておくと、最初は警戒しますが、涼しいと分かると、いつの間にかお気に入りのスペースと化しています。とは言え、夏場の留守時は、やはりエアコンを入れざるをえません。カーテンを閉めて断熱した上で、微風28度くらいでセッティングしておくといいでしょう。 1部屋はエアコンを入れ、他の部屋は常温の状態で、双方を行ったり来たりできるようにしておくのがベストです。

夏場の水分補給に要注意

犬は足の裏の肉球部分にしか汗腺がないことから、人間のように汗をかいて体温調節をすることができません。、舌を出してハァハァと呼吸をすることによって、唾液を蒸発させて熱を放出し、体温を下げています。唾液が蒸発すると体内の水分が欠乏するため、暑い日には普段よりたくさん水を飲む必要があります。その際には給水ボトルより器を用意しましょう。若干掃除の手間がかかりますが、飲みやすさでは器のほうがいいでしょう。特に留守番をさせる際には、自動給水器を使用したり、水の入った器を複数セッティングして室内のいろんな場所に設置しておくといいでしょう。

夏場のお出かけにはコレ

夏場、遠出のためにキャリーバッグにいれて連れていく際には、保冷剤がいくつかあると役立ちます。布製のバッグ形のキャリーバッグは、通気がよさそうに見えますが実は熱がこもります。そのために、体を冷やすのに保冷剤が一つあるといいでしょう。保冷剤はタオルなどで包みこんで体が冷え過ぎないようにしましょう。また、ひんやりマットをキャリーバッグに敷いてあげるのもいいでしょう。その場合、バッグ自体がかなり重くなるので持ち運びには注意してください。

夏場の散歩に注意

夏場の日射しで熱を帯びたアスファルトの温度は、50~60℃にもなります。その上を肉球まる出しで歩かせるのは極めて危険です。夏の散歩の際には、肉球保護のためにドッグブーツをはかせることをおすすめします。また、地表の熱さで肉球に炎症がある場合はハニークリームを塗ってあげてください。数日塗りつづければもとの状態にもどるでしょう。
日々のケアーは忘れずに行いましょう。散歩はなるべく日中は避けて、早朝と夕方以降の少し涼しくなった時間に出かけるのがいいでしょう。基本的に、犬は散歩が大好きです。若く体力が十分な状態であれば夏場の散歩も毎日でも大丈夫ですが、老犬になるにつれ、無理に夏場に運動させる必要はありません。涼しい時間帯に少し気晴らしに外に出す程度でも問題ありません。犬にとって夏場は最も過ごしにくい季節です。できるだけ快適に、なにより健康にこの夏を乗り切りましょう。

犬の熱中症週間予報

アニコム損保は犬の熱中症の予防啓発として、毎週金曜日、アニコム損保の公式SNS(Instagram、LINE、Facebook)アカウントにて、「犬の熱中症週間予報」を4月末頃から9月の末頃まで配信しています。 この予報は、同社と気象予報士であり獣医師である株式会社ライフビジネスウェザーの鈴木勝博氏が犬のためだけに開発した気象予報です。
犬の代謝サイクル・体高を考慮して開発した独自の熱中症指標を採用しています。予報では全国主要10都市における熱中症の注意レベルを、「厳重警戒」・「警戒」・「注意」・「やや注意」の4段階に分けて表示しています。 同社では、犬の熱中症は飼い主の対応などで予防できる病気であるとし、予防に対する意識づけや情報提供を積極的に展開しています。
公式サイトによると、犬の熱中症は7~8月にピークをむかえ、気温が急上昇する4~5月から増え始めるといいます。また、熱中症になりやすいとされているパグやフレンチブルドッグなど鼻ペチャな犬種(短頭種)は、統計上でも熱中症の上位を占め、注意が必要です。

おすすめの記事