犬に服を着せるのは虐待?飼い主の自己満足?
当然、犬が自ら好んで服を着ているかといわれればそうではないでしょう。
犬からするとお節介の何物でもない、自然なままでいたいと思っているかもしれません。
しかし、今ウェアの使用はファッションとしての一面のほかに、実用性のうえで必要なものとして見直されています。
また、獣医師ら専門家の間でも多くの利点があるとされています。

ドッグウェアの効用

寒さから身を守る

冬の寒さの厳しいさなかでは、室内外の温度差が30度近くになることもあります。
いくら毛に覆われているとしても犬にとってこの寒さは厳しいはずです。
特にからだの熱を失いやすい短毛種やプードルなどのシングルコートの犬種、チワワやポメラニアンといった小型種や高齢の犬にとって、冬用のウェアは寒さからみを守るのに大いに役立つ重要なアイテムとなっています。

紫外線対策

夏の紫外線は人間と同様に犬にとっても体によくありません。ウェアを着けることで日焼け防止にも一役かっています。

ほかにも様々

ドッググランでは受傷防止に役立つとウェアを着せる飼い主も増えていますし、ここ数年医療現場では傷跡を保護する術後服としてウェアが注目されています。
カフェやホテルを利用する際には抜け毛を落とさないために、マナーとして着用させることもあります。

靴のススメ

靴に関しては日常ではやりすぎ感はいなめませんが、雪の降る地方では散歩時の肉球保護に役立っています。
また、夏の灼熱のアスファルト上は、とても危険。ヤケド防止にも役立ちます。

このように、一時は批判の対象になることもあったウェアですがそれぞれの生活環境に合わせた役割があることが分かります。
一度も服を着せたことがないという方は、従来の色やデザインを楽しむファッションとしてのウェアはもとより、生活に密着した実用性からウェアを取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。



はじめてのウェア

ウェア選びで一番重要なのはサイズです。
窮屈ですと犬にとって大きなストレスとなります。愛犬にぴったりなモノを選びましょう。
はじめての1着は、試着が可能なショップで選ぶのがいいでしょう。デザインは比較的動きやすい袖なしがおすすめです。
インターネットで購入するのは便利ですが、サイズ選びに注意が必要です。一般的に服選びで必要な寸法は、以下の3点。

  • 首回り:首輪のサイズが基準
  • 着丈:首輪から背骨に沿った尾の付け根まで
  • 胴回り:前足の付け根の後ろの胴の周り

ダックスフントやフレンチブルドッグなど体形に特徴のある犬には、犬種専用の商品を扱う店もあります。
事前に電話やメールで問い合わせてみてください。
化学繊維の服は静電気を起こしやすいので天然素材の着心地のいい素材を選びましょう。品質は重要です。

おすすめの記事