犬が大好きにもかかわらず、犬アレルギーで犬が飼えない。 最近、犬を飼い始めて はじめて自分が犬アレルギーであることを知った。なんて人も結構います。

犬アレルギーは予防や治療が難しいと言われています。自分や家族が発症した場合どう対応すればいいか、犬アレルギーの症状、原因、予防法、治療法についてご紹介します。

犬アレルギーの原因

まず、アレルギーとは何でしょうか?
私たちの体には、ウイルスや細菌などの病気の元となる異物が入ってきたときに、それを殺傷し排除しようとする免疫細胞が備わっています。
免疫細胞には、ある種の敵(異物)を記憶しておくシステムがあり、一度侵入したものが次に入ってきたとき、いち早く反応して病気になるのを防いでくれます。
ところが、この免疫のしくみが、花粉や食べ物など本来からだに害を与えない物質に対しても有害であるとして特定の物質(アレルゲン)に過剰に反応して、咳や鼻炎、湿疹といった症状を引き起こしてしまうのが「アレルギー」です。
代表的なアレルギーとして花粉症、喘息、アトピー、食物アレルギーがあげれれますが、犬アレルギーもその一つといえるでしょう。

犬アレルギーの原因となるアレルゲンとしては、犬の体内で作られる物質であるCanf1がよく知られています。
それは、主に犬の体毛、フケ、唾液 そしてフケをエサとして繁殖するダニなどがあります。
犬の毛がアレルギーの原因であると考えがちですが、正確には毛に付着した物質やフケなどに触れたり、吸ったりすることによってアレルギーが引き起こされます。

犬アレルギーの症状

犬に近づいたり、舐められたりすることで、くしゃみや咳、鼻水が出たり、体にかゆみ、湿疹が出るなどの症状が現れます。
また重度の場合、犬と同じ部屋にいるだけでアレルギー症状がでてしまうなど個人によって症状が異なります。
犬種によっては、アレルギーの人でも症状が出ない場合もあるようです。
このように症状に個人差はありますが、基本的に原因となる物質と接触しなければ発症を抑えることができます。
しかし、犬を飼っている人が犬とまったく接触しないというのも難しいので、できる範囲で対策をとることが重要です。

犬アレルギーを防ぐには

今のところ犬アレルギーの予防や治療法は確立されていないというのが現状です。

突然アレルギーになったかと思うと、数日後にはアレルギーの症状が治まったりとまだまだ解明されていない点が多くあります。犬アレルギーもその一つで完治はできませんが、ある程度症状を抑えることができます。

  • 犬を清潔に保つ シャンプーやブラッシングを頻繁に行うことでフケや抜け毛を除去。
  • 室内での行動範囲を制限する。 犬を寝室には入れない。
  • 部屋の掃除を毎日する。  犬の体毛・フケを室内から除去。
  • 室内の換気・空気清浄機を設置  室内のアレルゲンを減少させる。

など、室内にアレルゲンを溜め込まないこと、アレルゲンが体内に入るのを防ぐこと、これらを可能な限り行うことである程度、症状を抑えることができるでしょう。

犬アレルギーになってしまったら

犬アレルギーに限らず、一般的にアレルギーに対する特効薬はなく、治療法としては対症療法が基本となります。それと併せて、アレルゲンが体内に入るのを予防しましょう。
症状にあった薬剤を病院の皮膚科、耳鼻科、アレルギー科で処方してもらうことになるでしょう。
効果は保証されませんが、アレルギーの症状を大きく減らす治療法として脱感作療法があげられます。
免疫療法、減感作療法とも呼ばれます。
アレルゲンを少しずつ体内に取り入れて、徐々に体を慣らしていく治療法です。
低濃度のアレルゲンから始めて、徐々に濃度を高めていきます。最初は濃度の薄いアレルゲンを患者に投与して反応を見ながら、徐々に濃度の高いものを投与してアレルゲンに対する反応を弱めていき、最後には根治を目指す治療法となります。
成功すれば非常に効果は大きいのですが、あまり治療の成果が出ない場合があったり、副作用としてアレルギー症状を誘発するといった症例があります。

犬アレルギーかな?早めに医師に相談を・・・

犬アレルギーは、誰にでも起こる可能性があり、それに加えて治療が非常に困難です。
また、原因となるものを簡単に取り除くことができないのが犬アレルギーの特徴です。
日ごろから犬アレルギーの予防に努めることが大切になります。

もし、これから犬を飼う予定があるのなら、事前に家族でアレルギー検査を受けるのをおすすめします。
何年も犬を飼っているから大丈夫という飼い主さんもいるかもしれませんが、犬アレルギーは突然発症することがあります。
犬を飼っていて自分や家族にアレルギーの症状が出た場合は、早めにアレルギー検査を受けてアレルギーの原因を特定しましょう。
ハウスダストや花粉などが原因であることもあります。もし、犬アレルギーであると判明した場合は、アレルギーの症状をやわらげる方法を医師に相談しましょう。

犬アレルギーも症状が進行すると下痢、めまい、動悸、吐き気や嘔吐、などの重大な症状を招くことがあります。
これらの症状を発症したら、直ちに病院に行くようにしてください。
もともと喘息やアトピーだという人は犬との接触でより症状を悪化させることがあります。十分な注意が必要です。

犬アレルギーが原因でどうしても愛犬を手放さざるを得ない場合は、親族や知人に預けたり、里親に出すといったことがあるかもしれません。飼い主の責任として、愛犬が不幸な結末を迎えるようなことがないように最後まで見守ってあげましょう。

おすすめの記事