肛門腺絞りはトリミングサロンでお願いできますが、やり方のポイントを掴めば家庭でも簡単に肛門腺絞りができます。
今回は犬の肛門腺絞りについて、その必要性とやり方をご紹介します。

肛門腺とは?

肛門腺は「肛門嚢(のう)」とも呼ばれ、食肉類のみに存在する1対の小さな袋のようなものです。


肛門腺の役割

肛門腺には、臭腺や皮脂腺があり、その袋の中ににおいの強い分泌物が溜まります。
分泌物は便と共に少しずつ排出され、マーキングに使われます。
犬が互いにお尻のにおいを嗅ぎ回るのは、この分泌物のにおいを嗅いでいるのです。
また、分泌物のにおいはそれぞれ異なり、そのにおいを嗅ぎ分けることで相手の情報を得ているのです。

犬の肛門腺絞りは必要?

犬の肛門腺を刺激し、中の分泌物を出すことを「肛門腺絞り」と呼びますが、果たしてこの肛門腺絞りは、愛犬にとって必要なのでしょうか。


肛門腺から排出される分泌液は、通常であれば便と共に排出されるため、頻繁に肛門腺絞りを実施する必要はありません。
しかし、犬が人と暮らすようになってからはマーキングする機会が減り、分泌物を押し出す肛門括約筋が弱ってきていると言われています。

中型犬や大型犬は比較的自力で出せる場合が多いのですが、 特にチワワやトイプードルなどの小型犬肥満犬高齢犬、肛門括約筋が未発達な子犬は、自力での排出が難しいことが多く、その際には飼い主さんが分泌物を出してあげる必要があります。

肛門腺絞りのやりかたは?

肛門腺絞りは1ヶ月に1度行うと溜まりにくく、炎症を起こしにくいと考えられています。ここでは肛門腺絞りのやりかたをご紹介します。
尻尾を上に肛門が縦に伸びるように持ち上げ、肛門を下からつまむように指をあて、肛門に向かって押し上げるようにすると肛門腺の分泌物が出やすくなります。
また、肛門腺の分泌物が勢い良く飛び出ることもあるので、注意が必要です。
周りに飛び散らないよう床に新聞紙をひき、肛門腺を絞った後は、ウェットティッシュでお尻を拭いてあげましょう。


肛門腺絞りのやりすぎには注意 分泌物の色・形を知る

肛門腺絞りのやりすぎは、肛門腺を傷付けて炎症を引き起こす要因となります。
肛門腺の分泌物の色や形状には個体差があります。
色は茶色黄色灰色などがあり、形状はドロドロとした粘土状やサラサラとした液状などそれぞれの犬によって異なります。普段どんな色・形状しているのか把握しておきましょう。
分泌物に血のような赤色緑色が混ざっている場合、既に炎症が起きていることも想定されるため、動物病院を受診することをおすすめします。

難しい場合はトリミングサロンや動物病院へ

最初はなかなか上手く出来ないという飼い主さんも多くいらっしゃいます。
家庭での肛門腺絞りが難しく、肛門腺が溜まりやすい犬は、トリミングの際に絞ってもらいましょう。
そして、絞り方を尋ねてみましょう。詳しく教えていただけると思います。
予防接種など獣医師にかかる際に、絞り方をたずねてみるのもいいでしょう。
また、なるべくお尻周りの被毛は短めにカットしてもらい、お尻周りを清潔に保てるようにしておくことも肛門腺トラブルの予防に繋がります。

肛門腺絞りをしないとどうなる?

肛門炎症

肛門腺を絞らないと炎症を起こし、溜まりすぎてしまうと最悪の場合、肛門腺が破裂してしまうことがあります。
肛門腺が分泌物によって閉塞したり、溜まりすぎてしまったりなどの原因で細菌感染を起こして肛門炎症を発症することもあります。
肛門炎症は、チワワやトイプードルなどの小型犬肥満犬の他に、体調不良によって下痢や軟便が続いている犬にも起こりやすいといわれています。
肛門炎症のサインとしては、 肛門部分を舐める噛む、肛門部分を地面に擦り付ける、尻尾を追いかけてグルグルと回るといった行為がみられます。

肛門周囲腺炎

肛門周辺にある肛門周辺腺と呼ばれる細い導管が細菌感染を起こしてしまうことで発症します。
特徴としては、強い痒みがあります。
その痒みから、お尻を舐める噛む、症状が悪化すると、肛門周辺の腫れ出血発熱排便困難などにつながります。

肛門腺癌

肛門腺癌は肛門腺の中にあるアポクリン腺という汗腺が悪性の腫瘍に変化してしまうことで発症する癌です。
高齢になると発症するリスクが高くなります。
肛門腺癌の転移率は約50%以上で、多くがリンパ節に転移すると考えられています。
主な症状としては、 肛門周辺の腫れ炎症、 肛門部分からの出血排尿排便困難、などがみられます。

日々のスキンシップで、お尻を観察

日々のスキンシップやコミュニケーションを取る中で、お尻のチェックしましょう。
また、普段から排便の姿勢の様子を見ておくといいでしょう。
いつもとちがう、おかしいな、と思ったら獣医師に相談しましょう。
また、お尻に腫瘍のようなものが見られたらすぐに動物病院で受診してください。

おすすめの記事