犬の耳の病気の原因とは・・・・。
耳の病気になりやすい犬種、耳トラブルのチェックポイント、正しいケアーのしかたなど、犬の耳に焦点をあてたいと思います。

耳トラブルの原因って?

耳は外耳・中耳・内耳の3つの部分にわかれます。
外耳から鼓膜につながる外耳道は、途中で奥の方へ折れ曲がりL字型をしています。
基本的に耳の奥は外から見えない構造になっています。
シャンプーの際は要注意です。一度、耳の奥まで水が入ってしまうと、なかなか水が抜けにくく、蒸れることでトラブルにつながります。
シャワーなどで体を洗う際には、耳の中に水が入らないように気をつけてあげましょう。

また、犬種によって耳トラブルの起こりやすさに差があります。
トラブルが起こりやすい犬種は共通して耳の中が蒸れやすいという特徴があります。
耳が垂れていたり、耳毛が多かったり、耳道が狭かったり、耳垢が多かったりといった特徴があります。
こうした犬の耳は、細菌やマラセチアなどの真菌が繁殖しやすくなり、外耳炎の原因となりやすい傾向にあります。

耳のトラブルが起こりやすい犬種

♦垂れ耳   ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー・キャバリアなど
♦耳毛が多い ミニチュアシュナウザー・プードルなど
♦耳道が狭い パグ・ブルドッグなどどの短頭種
♦耳垢が多い アメリカンコッカースパニエル・シーズーなど

上記以外の犬種でもこまめに耳の状態をチェックしましょう。

耳の状態チェックのポイント

耳のチェックをするときは、耳垢の色、耳垢の質感、臭いや、外耳の腫れなどを確かめてみましょう。

健康な状態の犬の耳はピンク色で、余計な耳垢がなく、ほぼ臭いもありません。

通常の耳垢は黄色っぽい色をしていて、臭いやネバつきもほとんどありません。

ポイント
耳垢自体は弱酸性で殺菌作用や皮膚を保護する役割があるので、頻繁に掃除をする必要はありません。
また、耳垢は、奥の方にたまることなく、外耳道まで自然に出ていく仕組みになっていますので、外見で汚れていなければ掃除をする必要はないでしょう。

耳垢がおかしい、いつもと違う場合は、細菌の繁殖やアレルギー、異物の侵入などで外耳炎の症状がでている可能性があります。
外耳炎になると外耳が赤く腫れたりすることもあります。
こまめに掃除をするというよりはこまめにチェックをすることで異変に気付くことが大事になります。

耳垢から分かる耳トラブル

♦湿った黄色い耳垢
<原因>:細菌の感染

<症状>:原因となる細菌の種類により、悪臭を伴う乳白色や黄色い耳垢が見られます。症状が進行すると、耳道内に炎症や潰瘍が見られたり、外耳道に腫れが生じ、耳の中が観察できない程になる事もあります。

<対策方法>:外耳道を洗浄し耳垢を取り除き、抗菌剤などの点耳薬を投与します。重症の場合には内服の抗菌剤もあわせて使用します。ただし外耳道の腫れがひどく完治が難しい場合には、外科治療が行われます。

♦黒く乾燥した耳垢 
<原因>:寄生虫(ミミヒゼンダニ)
 ミミダニは、犬の外耳道に寄生する大型の寄生虫で、ミミダニに感染している動物との接触により広まります。

<症状>:激しい痒みを伴うため、犬は執拗に耳を掻いたり、頭を振ったり床などにこすりつけたりします。外耳道に大量の黒い耳垢の塊が見られるのが特徴です。

<対策方法>:外耳道から耳垢を取り除き、駆虫薬の投与が一般的に行われます。

♦茶色の耳垢 油状・脂漏症
<原因>:真菌(マラセチア・酵母菌)
 マラセチアは、もともと健康な犬の皮膚や耳の中などにも存在する酵母菌です。
 しかし、耳の中に湿度や汚れが溜まっていたり、犬の免疫力が下がっていると異常に繁殖し、外耳炎を引き起こします。

<症状>:独特の臭いを伴い、茶色~黒褐色の大量の耳垢が見られます。頻繁に耳を掻いたり、頭を振ったりし、症状がひどくなると耳の皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌の二次感染を引き起こす場合もあります。

<対策方法>:外耳道の洗浄、耳垢の除去、抗真菌剤の点耳薬の投与が行われます。
 マラセチアは常在菌ですので、耳の中を常に清潔に保つ事が治療・予防の上で最も大切です。
 シャンプー後などには、ガーゼなどで耳の中を綺麗に拭き取り、できるだけ湿気が溜まらないようにしましょう。

ポイント  
頭や耳を触られることを嫌がったり、頻繁に頭を振ったり耳を掻いたりする場合は、耳のトラブルのサインです。
耳のトラブルは日々の様子からわかることが多いので、日ごろから愛犬をよく観察することで、異変に早く気づくことができるかもしれません。

耳のトラブル予防

耳毛カット

耳の通気性を良くするには、トリミングの際に耳の中の毛を短くカットしてもらいましょう。
耳毛抜きは痛みがあり犬にとって苦痛です。また、耳道内に炎症や感染を引き起こす原因にもなります。

外耳を拭く

ポイント
ケアーは耳介(外耳手前の目に見えているヒダ部分)を拭く程度で十分です。
やわらかいガーゼやコットンに専用のイヤークリーナーを染み込ませ、こすらないように優しく拭きましょう。
植物由来の天然成分や化学成分を使っていないイヤークリーナーを使う事をおすすめします。

液体イヤークリーナーを耳に注いで耳の根元をもむ耳掃除では、耳道内にこびりついた汚れをとるのは難しく、かえって汚れを耳の奥に詰まらせてしまうことがあります。
慢性の炎症がある場合には、鼓膜が破れてしまう可能性もあります。

綿棒を使った耳垢掃除はしない

注意
綿棒を使ってのお手入れは、耳垢を耳の奥まで押し込んでしまいます。
外耳道に刺激を与え、傷つけたり、炎症がある場合は悪化させてしまう恐れもあります。
奥の耳垢が気になる場合や外耳道に炎症がみられる場合、また耳垢に異常がある場合は、自宅でのケアはせず、獣医さんに相談しましょう。

犬の耳ケアーの頻度

耳ケアーをし過ぎると耳の中で炎症が起きたり傷付けたりする場合がありますので、やり過ぎに注意して下さい。
頻度としては、週1回から2週間に1回程度でいいでしょう。
汚れていない場合は月に1回ぐらいで十分です。

ポイント
普段から耳の健康な状態を知っておくとトラブルに気がつきやすくなります。
日々のスキンシップの中で、耳のチェックを自然なかたちでしてあげると、習慣づけられます。
こまめなチェックが、耳の健康につながります。

おすすめの記事