メスのわんちゃんを飼い始めた場合、一度は検討することになるであろう「避妊手術」ですが、交配して子孫を残してあげる意思がなければ、避妊手術をすることおすすめします。
万が一のアクシデントで妊娠し、望まれない子犬が産まれてしまうことは絶対に避けましょう。ここでは避妊手術に関するメリットとデメリット、また避妊手術の術前術後の流れについてお話します。

避妊手術のメリット

特定の病気リスクの低減

避妊手術を行うことで特定の病気のリスクが減るという研究・調査結果が発表されています。中でも、子宮蓄膿症・乳腺腫瘍などの病気のリスクが大幅に低下することが分かっています。
子宮蓄膿症とは、排泄時に大腸菌など子宮に入ることで子宮に膿が溜まる病気です。犬は発情のサイクル期間が長く、その期間中は免疫力が低下し、細菌感染しやすい状況にあります。処置が遅れると死に至ることもありますので注意が必要です。
乳腺腫瘍とは、いわゆる乳がんのことではっきりとした原因は不明ですが、その発生にはエストロゲンやプロゲステロン等の女性ホルモンとの関係が示唆されています。 対策としては初回発情前に避妊手術を受ける事ですが、初回発情は生後6か月頃に迎えるので、この時期を目途に避妊手術を行いましょう。 発情期の回数が増えるとともにこれらの病気のリスクも高まります。
その他の予防できる疾患として子宮内膜炎や子宮腫瘍、卵巣腫瘍、鼠径ヘルニアなど子宮・卵巣に係る病気は予防できます。

発情(ヒート)に伴う影響が解消

発情中はオス犬を興奮させる行動やフェロモンを出すため、オス犬を引き寄せます。その結果、他の飼い主の犬に迷惑をかけたりするケースが出てきます。
発情中は、ドックランやドックカフェなどには入らないように配慮しましょう。また、散歩中もオス犬に注意が必要となります。
発情中(ヒート)はストレスを受けやすい状態にあります。落ち着きがなくなったり、甲高い鳴き声を上げたり、攻撃的になったり、犬によっては飼い主の言うことを聞かなくなったりするケースもあるようです。また、発情出血があるため、出血によるだるさ、食欲不振、神経質になるなど精神的に不安定になります。
しかし、 避妊をした場合、これらの発情(ヒート)に伴う影響は全て解決されます。

避妊手術のデメリット

麻酔薬アレルギー

避妊手術は麻酔を使用して行われます。 極稀に麻酔薬に対してアレルギーを持っている可能性もあります。最悪、麻酔をかけてそのまま亡くなってしまうケースもあり、死亡リスクはゼロではありません。

尿失禁症

休憩中や眠っている間に尿がチョロチョロ漏れて出てくるような現象を、尿失禁と言います。排尿が意識と関係なく起こります。避妊手術との関係は、 子宮摘出時にその傷口の状態から後々尿失禁症を発症しやすくなるといったことがあります。特に大型犬が避妊手術をした場合、尿失禁症になりやすい傾向があります。

反応性肉芽腫

手術の縫合糸が、後日免疫反応を引き起こし、体内にしこりができる病気です。結構大きくなることもあり、腫瘍と見間違えることもあります。避妊手術では卵巣側の血管を結紮した際に使用する縫合糸によってできることがあります。縫合糸に絹糸を使用した場合により可能性が高くなりますが、その他の糸でも発病する可能性があります。 犬種ではダックスに多いと言われています。

肥満リスク

子宮等のカロリー消費が無くなることとホルモンバランスの変化が原因により、基礎代謝量が下がるため、肥満のリスクが上がります。 肥満は、外傷や整形外科(代表的なものはヘルニア)、内分泌器、心臓血管、腫瘍などの様々な疾患の間接的な原因や悪化要因になります。肥満は骨や関節に負担をかけるため、避妊手術をした場合には、より体重管理に注意する必要があります。

避妊手術費用

手術費用は2万円から5万円程度に設定している動物病院が多いようです。術式や動物病院の設備、動物病院の立地地域によって異なります。
また、小型犬より大型犬の方が手術費用は高く、小型犬より20%~40%程度高い価格設定になっています。
行政から犬の避妊手術に補助金を出している地域もあります。市区町村によって条件がありますので、どの程度の補助金が出るのか、必要書類など、行政か獣医さんに聞いてみてください。

避妊手術後の流れ

掛かり付けの獣医師に避妊手術を申し込み手術日を予約するところからはじまります。
手術の1週間前に術前検査(血液検査・内臓の検査)があります。手術には麻酔を施したりや出血がともなうことがありますので、健康な状態で手術にのぞむ必要があります。
ここで一通りの健康チェックが行われます。手術前日の夜から絶水絶食、そして手術当日をむかえるといった流れになります。手術後その日1日は病院に入院します。その後自宅にもどり数日は、大半の場合、傷口をなめたり掻いたりしないようにエリザベスカラーや保護服をつけて過ごすことになります。お散歩についても数日間は控えたり、激しい運動も避けたほうがよいでしょう。 そして、傷口の経過を見ながら抜糸となります。手術から抜糸までの期間は一般的に1週間から2週間程度です。

手術はするべき、それとも・・・

避妊・去勢手術をするしないは、飼い主一人一人の判断に委ねられています。
ただし近年、多頭飼育崩壊が社会問題になっている事実があります。そうしたことを踏まえると、交配して子孫を残すことを前提にしていないのであれば避妊・去勢手術はするべきではないでしょうか。
また、様々な研究や調査により、避妊・去勢によるメリットやデメリットがわかりつつあります。個々の状況に応じて、そうした様々な情報を元に、避妊・去勢手術を行うべきか否か飼い主一人一人が考えていただければ、そしてその判断の一助になればと思います。

おすすめの記事