愛犬の爪、定期的に切っていますか?
特に室内飼いや運動量が少ない小型犬は、外を歩く機会が少ないため、地面で削られることがなく、すぐに爪が伸びてしまいます。
そうしたワンちゃんは、子犬の時から爪を切る習慣をつけておきましょう。
トリミングでトリマーさんに切ってもらうだけで、自分では切らない方が多いようです。
切らないというより切るのが怖いといったほうがいいでしょうか。
チャレンジしたけれど、暴れたり痛がったりして、うまく爪を切れないという方も。
爪切りで悩む飼い主さんは非常に多いようです。
そこで今回は、愛犬の爪を切る方法、上手に切るポイントなどをご紹介していきます。

犬の爪 切らずにほおっておくと危険

犬の爪を切らないと、様々なトラブルにみまわれます。 
爪が伸びるのと同時に爪の中にある血管神経も伸びてしまうので、爪を切りすぎると血管や神経を傷つけてしまう可能性があります。
また、爪が地面に付くことで、肉球でしっかり体重を支えられないため、滑って転びやすくなったり、関節などに影響を及ぼすことがあります。
また、カーペットやケージなどに引っかかって爪が折れてしまうこともあります。
あまりにも爪が伸びすぎると、巻き爪になり、肉球に突き刺さってしまいます。
このように爪切りをしなければ、愛犬に様々なトラブルが及んでしまいます。
爪切りは、犬にとってとても大切なことなのです。
普段から十分な量の散歩や運動をしていれば、爪は自然とすり減って、ちょうどよい長さに保たれるのですが、室内犬や運動不足の犬、老犬などは爪が早く伸びる傾向にあります。
とくに、狼爪(ろうそう)と呼ばれる前足の肉球の後ろにある小さな爪は、地面に触れないので、すり減ることがありません。
トラブルが起こる前に、定期的に爪切りをしてあげてください。

切りすぎに注意 血管・神経が通っています

犬の爪の構造を知ることで、切りすぎを防ぐことができるのではないでしょうか。
爪の根本のピンク色の部分には皮膚と同じように、血管神経が通っています。
切ると痛み・出血が生じてしまいますので、爪切りの時は十分に気を付けてください。
出血してしまった場合は、すぐに手当てをしてあげましょう。念のために事前に市販の止血剤を用意しておきましょう。
また、爪の中を通っている血管と神経は、爪と一緒に伸びます。
爪を切らずに放置していると、爪を切るときに伸びた血管や神経まで切断してしまう可能性があります。
定期的に爪切りをしてあげてください。


爪を切った後は、切り先が尖っている場合があるのでやすりをかけて先を丸くしましょう。

犬の爪切り道具

                                     

爪切り

ニッパー:
爪を挟んではさみ感覚でカット。爪を確認しながら切れるので、比較的安全。爪の硬さ・太さによって力の入れ方を間違えると、爪が割れてしまうことがあるので、力加減に注意しましょう。

ギロチン:
病院やトリミングでよくみかけます。切る位置を確認して、狙いを定めてカット。刃の向きに注意しましょう。逆向きに切ると、切りすぎてしまうことも・・・。犬の体に対して、刃が動くほうが外側に位置するようにして使いましょう。

爪やすり

切り口がとがっていると危険。やすりがけしましょう。

止血剤・ガーゼ

うっかり血管まで切ってしまった場合に、止血剤とガーゼが必要です。

おすすめの記事