動物には、ウイルスや細菌などの病原体から体を守ってくれる防御システム、つまり「免疫」という働きがあります。
ところが、この体を守る免疫のシステムが有害な病原体ではなく、本来無害なはずの食べ物や花粉などに過敏に反応して、自分自身を傷つけることがあります。
これを「アレルギー」といいます。
免疫によって認識されるアレルギーの原因物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは、鼻や口、皮膚など体の様々な部位から体内に入り込み、体の各部位に存在する免疫を司る細胞が、アレルゲンに対して反応することで、様々なアレルギー症状を引き起こします。

犬のアレルギー症状

一連のアレルギーを引き起こすシステムは、人間のみならず犬にもあてはまります。
犬の場合は皮膚に現れることが多く、強いかゆみを訴えます。
ノミの唾液中に含まれるたんぱく質や花粉、ハウスダスト、カビなど様々なものがアレルゲンとなり、かゆみや発疹、脱毛などの症状を引き起こします。
また、食事によって体に侵入したアレルゲンにより皮膚症状がでることもよくあります。
いわゆる食べ物由来のアレルギーをいいます。
主なアレルギー性の皮膚炎として3つあげられます。

ノミアレルギー性皮膚炎

犬の体に寄生するノミが原因でアレルギー反応を起こします。
主に背中からしっぽのつけ根にかけて、赤い発疹や一部脱毛などの症状がみられます。
ノミは、犬の皮膚から血を吸い取る時に唾液を注入します。
そして、ノミの唾液にアレルギー反応を起こした犬がノミアレルギーの皮膚炎を起こします。
頻繁に体をかゆそうにしていたり、壁や床などに体をこすりつけたりといった行動がみられれば、病院で受診されることをおすすめします。
重症化すると、皮膚の傷口から細菌感染することで膿皮症になる可能性もあります。
感染が深いと腫れや痛みが出たり、発熱することもありますので、早めに受診しましょう。
散歩には十分に気をつけましょう。ノミが寄生しやすい場所である山や林、草村、川原などは避けたほうがいいでしょう。
屋内でもノミが寄生しやすい場所として、カーペット、ソファー、たたみや犬が使っている毛布などがあげられます。
室内をこまめに掃除し、定期的に犬用の毛布やウェアなどの洗濯をしましょう。
ノミを室内から除去することがアレルギー防止につながります。

食物アレルギー

食物アレルギーの場合は、フードに含まれるアレルゲンによって免疫系の細胞反応による皮膚炎が起こります。
食べ物に含まれるタンパク質が主な原因といわれています。
しかし、どのタンパク質にアレルギーを起こすかは個々の犬によって様々です。
原因となる食物さえ食べなければ皮膚炎は治りますが、それが何なのか特定することは難しいのが現状です。
アレルゲンとして報告例が多い食物は以下の通りです。
牛肉・乳製品・小麦・鶏卵・鶏肉・大豆・トウモロコシ・ラム肉など
アレルゲンの特定は、血液検査でどの食物抗原に反応しているかを調べることができますので、その結果に基づいて食事内容を検討することができます。
ただし、血液検査には大きく2種類あり、IgEという抗体を測定する検査とリンパ球という白血球の一種を測定する検査です。
犬の食物アレルギーの場合、このIgEによって引き起こされるアレルギーは約3割、リンパ球によって引き起こされるアレルギーが約7割と言われています。
よって、両方の検査を行わなければ的確な食物の選択はできないことになります。
食物アレルギーの主要因であるタンパク質と言えば一般的に肉類(家畜・家禽・魚肉含む)を想像しがちですが、普段与えているフードの中に含まれる大豆や小麦、米、トウモロコシ、ジャガイモデンプンなどの植物にもタンパク質は含まれており、それによる食物アレルギーも起こっています。
かゆみの原因がアレルギーが原因なのかそれ以外の細菌や真菌、寄生虫などの感染症等が原因なのかをまず特定します。
後者の細菌や真菌、寄生虫などが原因でないと分かった時点でアレルギー検査をします。
そして、検査によってアレルゲンを特定し、治療を施すといった流れで進めていくこととなります。
血液検査だけではアレルギーの診断はできませんので、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

アトピー性皮膚炎

ハウスダストや花粉、カビなどを吸引したり接触することでアレルギーを発症します。首元・背中・お腹などに強いかゆみを引き起こします。そのかゆみが悪化すことで、湿疹(膿皮症)や色素沈着(皮膚自体が黒くなってしまう)などの症状がおこります。
アレルゲンとなる物質に接触(皮膚に付着したり、鼻から吸い込んだり)することでかゆみが引き起こされるので、シャンプーの頻度をあげること、こまめに家の中の掃除をすること、そして空気清浄機でハウスダスト・花粉などを除去することで、なるべくアレルゲン物質と接触をしないように対処しましょう。
しかし、環境性アレルギー(アトピー)は完治しない病気なので場合によっては、ステロイド剤や免疫抑制剤(免疫を抑え込む薬)などを使用することもあります。
また、皮膚のバリア機能を高めるドッグフードや体質改善のためのサプリメントなど様々な対処方法があります。

アレルギーは一生の病

このようにアレルギーの症状も様々です。
対策を練るにはまず何が原因でアレルギー反応が起こるのか、アレルゲンを特定することが求められます。
いわゆるアレルギー検査がそうです。
ただ、アレルギー発症の原因が分かった後も完治が非常に難しい病気ゆえに、一生付き合っていかないといけません。
獣医師と納得するまでじっくり相談を重ね、治療をすすめていく必要があります。

おすすめの記事