飼って間もない子犬の場合、ワクチン注射など必ず病院へ連れていく機会があります。
そんな時に役立つのがこちら。キャリーケースです。
動物病院の待合室では、様々な症状の動物たちが診断を受けに来ています。お互いが興奮しないようにキャリーケースに入れるのはマナーのひとつでもあります。
また、病気の感染を防ぐのにも役立ちます。
散歩以外の遠出などバスや電車など公共の交通機関を利用する時、また飛行機に乗る時もキャリーケースが必要となります。
ドライブ中に、犬が車内をあちこち歩き回らないように、キャリーケースを助手席に設置することで安全に運転できます。
また、近頃は自然災害も多いため、災害発生時に避難する際、避難場所で過ごすときに必要となります。
犬を飼うと決まったら、キャリーケースを用意することをおすすめします。

正しいキャリーケースの選び方 選ぶ基準について

犬の大きさにあったサイズのキャリーケースを準備しましょう。
広すぎると、移動時に体が大きく揺れてしまい、とても危険です。
サイズの基準として以下の点に気をつけましょう。
♦鼻先~尻尾までの体長よりも長さがある
♦中に入った時に体を一周することができる
♦おすわりの体勢になったときに頭が天井につかない

最近では、ネット通販でペット用品を購入することができますが、キャリーケースに関しては、ネットから上記の3つの基準を想像するのは難しいので実物を確認してから購入することをおすすめします。

キャリーケースの種類

ハードキャリー

ハードキャリーはプラスチック製が多く、丈夫で安定感があります。別名クレートとも呼ばれています。
車での移動ではシートベルトに固定できるので、愛犬とのドライブに適しています。
また、日頃のハウス代わりにもなるので、家でも旅行先でも重宝します。
ただ、車など1つの乗り物で長く移動する場合は向いていますが、細かい移動では重さがあるため少し持ち運びに難があります。家で利用しない場合、収納場所が必要になります。(※ソフトタイプは折りたためるものが多い)

ソフトキャリー

ソフトタイプのキャリーバッグは布製が多く、最大のメリットは軽量で持ち運びがしやすい点です。
また、使用しない時は小さく折りたためるものが多く、収納に場所をとりません。
排泄物などの汚れがつくと取れにくいので、長時間の移動にはおむつとの併用をおすすめします。

ドッグスリング

肩からかけられるトートバッグタイプのキャリーです。
ソフトキャリー同様、軽量で持ち運びがしやすく、両手があくのが特徴です。
また、サイドポケットがついているものが多く、リードや水などグッズも一緒に入れることができます。
ただし、片側の肩で支えるため、長時間の使用は肩や腰に負担がかかります。
また、新幹線やJRでは使用できませんので、注意してください。

リュック

両肩で支えるため、ドッグスリングほど体に負担がかかりません。
リュックのハードタイプでは電車も可。

トートバッグ

見た目が通常のカバンと変わらないこともあり、目立ちたくない方にはおすすめです。
ただし、容積が小さいので小型犬限定になります。

災害を想定した防災リュック

地震や豪雨など「災害」を想定につくられたキャリーケースです。
あらかじめペット用品や避難グッズを入れておく事で災害等の緊急時に即座に避難する事が出来ます。
緊急時の移動用キャリーとしての用途だけでなく、避難先で過ごすということも想定したつくりになっています。


【ペットキャリー GRAMP】

通常の散歩とはちがい、キャリーケースを使うことで行動範囲が大幅に広がったり、今まで大変だった移動も楽になったりします。これを、活用しない手はないでしょう。
ただし、種類が豊富なので、購入する前にどういった用途に使うのかを明確にしたうえで、自分の生活スタイルに合ったキャリーケースを選択しましょう。

おすすめの記事